自宅待機コロナ買い物リスト行動制限いつからいつまで?一人でできる運動も紹介

Pocket

今回は『自宅待機コロナ買い物リスト行動制限いつからいつまで?一人でできる運動も紹介』というタイトルでお送りします。

新型コロナ感染症が毎日テレビ、新聞で報じられていますね。

自宅待機と行動制限いつからいつまでしていればいいのでしょうか?

また備えておいた方がいい買い物リストは?

気分転換になる1人でできる運動も紹介していきます!

 

自宅待機コロナ買い物リスト行動制限いつからいつまで?

4月16日政府は緊急事態宣言を全国へ拡大し、期関を5月6日までとしました。

行動制限については、今のところ緊急事態宣言で5月6日が一つの目処だそうです。

日々公表されている毎日の発症状況から考えるとまだまだという感じがします。

そこでどんなものを買っておけばいいのかリストにしてみました!

  1. 常備薬
  2. トイレットペーパー
  3. ティッシュペーパー
  4. シャンプー・リンス・洗顔料・化粧水・乳液
  5. 生理用品
  6. 食器用洗剤
  7. 洗濯物の洗剤
  8. ラップ、アルミホイル、キッチンペーパー、ナイロン袋
  9. ハンドソープ

食べ物に関しては品切れや品薄といった情報はないので大丈夫だと思います!

 

今回のコロナで仕事はどうなる?

世間一般では

  • 仕事がない
  • アルバイトがない
  • 個人経営者は倒産の危機
  • 正社員は減給
  • GWを1週間伸ばして2週間の休み

などなど様々な雇用形態に影響が出ています。

 

新型コロナ病院はどんな状況?

世界中で今度の目に見えないウィルスと戦っている最前線は、病院と医療を支えてくれている医者並びに看護師さん達です。

毎日新しく感染者が出ているということは医療機関が通常業務に加えて負担がのしかかっているということです。

それに医療機関に必要なマスクや医療器具が不足となっていると報じられています。

二次感染の恐れもある中、ウイルス防護服などもっとスムースに運べないものなのかと感じます。

中には感染してしまった医師や看護師さんもいるようです。

 

自宅待機コロナ一人でできる運動を紹介!


自宅待機となると気になるのは運動不足ですよね。

世の中のパパは体力が有り余っているのですぐに外に出掛けたくなってると思います!

ですが、家族諸々危険に晒すような愚かな行為はしないようにしましょう。

最もオススメな運動はウォーキングまたはジョギングです!

これには意味がありまして、最近アメリカの研究で太陽光で新型コロナウイルスが不活性化することが発表されました。

気温も関係していますが、とにかく近所をぐるぐるウォーキングしたり、ジョギングすることが体の免疫を上げるとともに新型コロナに対しても効果がある運動といえます。

どうしても近所に出ることも避けたいという方にはラジオ体操がオススメです!

NHKラジオとテレビでは毎日同じ時間に軽快な音楽とともにアシスタントが出演してラジオ体操をしています。

その時間に合わせてラジオ体操をしてもいいですし、最近はネットが便利でYouTubeでラジオ体操を見ることができます。

しっかりストレッチして体の免疫力をあげましょう!

 

自宅待機コロナ海外の感染防止策は?

アメリカは世界で最も感染症対策に万全であると言っていましたが、感染者・死亡者数で世界最多となっています。

3月13日にトランプ大統領は日出生事態宣言を発令しました。

イギリスは外出禁止令が出されています。

韓国は1月19日初めての感染者が確認された後、感染の早期発見の段階から検査を強化し、感染拡大防止を図りました。

ポルトガルのリスボン空港案内所では、お客さんがカウンターから2メートル離れるようにテープが張ってあります。

世界各国で色々な対策がとられ、感染拡大防止に全力を注いでいます!

 

自宅待機と行動制限にTwitterの声は?

 

まとめ

今回は『自宅待機コロナ買い物リスト行動制限いつからいつまで?一人でできる運動も紹介』というタイトルでお送りしました。

毎日朝から晩まで報道はコロナの感染者数を報告し、解説者が手遅れだとか伝えていますが何の解決策にもならないことばかりです。

自宅待機を余儀なくされたこの『行動制限』いつからいつまでが紹介しました。

買い物リストも参考にして困らないようにしてください。

こんな時には「一人でできる運動」をして免疫力を高め健康維持することが大切です。

学校や職場など休みとなっていますが、1日1日をどう過ごすか自分で考えるのも楽しいですね。

ご愛読いただきありがとうございました。