サンドウィッチマン仲良しなのに解散危機?伊達をお笑いの世界に誘った理由も紹介

Pocket

今回は、『サンドウィッチマン仲良しなのに解散危機?伊達をお笑いの世界に誘った理由も紹介』についてご紹介していきます。

サンドウィッチマンはプライベートでもとても仲良しで、解散の危機なんてあるの?なんて疑問に思われた方もいると思います。

サンドウィッチマンの2人は仙台商業高等学校の同級生、また同じ部活動でラグビーのチームメイトとして出会い、仲を深めていきました。

それから現在2人は45歳で、高校1年生の時に知り合ってから30年も一緒にいる仲だということがわかります。

そんな彼らが解散危機に陥っていたことを知っていますか?

富沢さんが伊達さんをお笑いに誘った理由も含めて、詳しくご紹介していきます。

 

サンドウィッチマン富澤と伊達は仲良しなのになぜ解散危機?

実はこの話は遡ること15年前の2004年の話です。

9年間下積み時代を過ごし、全く売れなかった2人は1部屋で同棲して生活をしていました。

伊達さんは元々お仕事をしていて、富澤さんが会社を辞めさせてまで伊達さんを芸人の道に誘ったことが事の始まりでした。

それ故に売れない日々を富澤さんは悔やみ、そして伊達さんに申し訳ないと自分を強く責め、解散の話を持ち掛けたそうです。

しかし伊達さんは、「まだ解散するまでの挑戦を俺たちはしていないんじゃないか」と富沢さんからの話を蹴り、来年頑張ってテレビ出演するぞと決意したそうです。

そして翌年2005年を勝負の年と決め、念願のエンタの神様に出演することができました。

その2年後の2007年にはM-1グランプリで敗者復活戦から見事優勝

その日だけで約20本ものテレビ出演が決まったそうです。

 

サンドウィッチマンの2人の私生活は?

実はサンドウィッチマンの2人は出会ってから一度も喧嘩をしたことがないそうです。

そして現在は各々妻子と共に生活しています。

共に2009年に結婚しており、家族ぐるみの付き合いだそうです。

また、2人はヘビースモーカーとしても有名です。

そしてスマホ時代にも関わらす共にガラケー愛好家であり、今でもガラケーを使っています。

 

吸っているタバコの銘柄は?

実は2人ともヘビースモーカーであり、お互いの誕生日には相手の好みの銘柄のタバコを贈り合っているそうです。

伊達さんがセブンスターのソフト、富澤さんが赤のマルボロを吸っているみたいです。

伊達さんに関しては健康面でお医者さんに注意を受けるほどで、血圧が200を超えいつ死んでもおかしくないとまで言われたことがあります。

タバコに限らず食習慣にも気を付けて、芸人として長くご活躍してもらいたいです。

 

まだガラケーを使っていることにツイッターの声は?

みなさんやはりガラケーを使っていることに驚いているようです。

しかし一方しっくりくるといった意見もあり、実は機械音痴である伊達さんの為に富澤さんもガラケーで居続けているのかもしれません。

 

サンドウィッチマン富澤が伊達をお笑いの世界に誘った理由とは?

富澤さんは伊達さんとコンビを組む前、1995年に創立された吉本興業仙台事務所への所属を目標に定め、小学生・中学生時代からの友人だった別の相方と『ゆやゆよん』というコンビを結成していました。

アマチュア活動をしていたものの、所属以前に仙台吉本が撤退してしまった為解散しました。

そんなコンビで活動していた裏では、伊達さんとのコンビ結成を熱望し、すでに福祉関係の仕事に就いていた伊達を3年間にわたり口説き続けたそうです。

富澤さんが伊達さんをお笑いの道へ誘った理由は、『お前じゃなきゃダメなんだ』という想いが他の誰よりも強かったからなのでしょう。

そしてそんな気持ちに応える為に、福祉関連の会社に就職しサラリーマンとして生活していくつもりであった伊達さんは仕事をやめ、富澤さんと共に上京しました。

 

サンドウィッチマンの下積み時代とは?

1998年9月にコンビ結成し、上京した2人は『親不孝』という芸名でスタートしました。

始めはホリプロ預かりとなるが、後にフリーになると共にコンビ名を『銭と拳』に改名しました。

また同時期に、「バイキング」というコンビ名で一度舞台に出たそうですが、現在活躍中のバイきんぐと名前が被っていることを知りすぐに辞めたそうです。

その後、24歳の時にホリプロ時代の同期であった浜田ツトムさんを入れたトリオとして『サンドウィッチマン』が誕生しました。

しかしわずか1年で浜田さんが脱退し、元のコンビ名に戻さず現在まで活動しています。

 

サンドウィッチマンの元一員、浜田ツトムとは?

浜田ツトムさんは1974年3月14日生まれで、徳島県出身です。

本名は『浜田勉』と芸名が本名だと分かります。

サンドウィッチマン脱退後、『メインストリート』というコンビを結成して2014年まで活動していました。

解散後は2015年に『ゆめか』という方と共に『花火』を結成

しかし、ゆめかさんの事情により花火を解散し、その後は『つーさん!』の芸名で芸人として活動した後、翌年に『安田善紀』という方と共に『閃光少女』というコンビを結成しているそうです。

 

まとめ

今回は、『サンドウィッチマン仲良しなのに解散危機?伊達をお笑いの世界に誘った理由も紹介』についてご紹介しました。

サンドウィッチマンの仲良しの理由や、何故解散危機にまでなったのかしっかりご紹介できたと思います。

また富澤さんがどうして伊達さんに固執してコンビを組みたかったのか

それも2人の姿をテレビで見たり、ラジオを聴いているとわかってくる気がします。

お笑いの世界というとても厳しい世界に誘った富澤さんと、誘われて介護関係の仕事を辞めた伊達さん。

そして上京後10年の下積み生活。

私たちには想像もできないほど苦労して開花した『サンドウィッチマン』を、これからも応援し続けたいと思います。

ご愛読いただきありがとうございました。