【PS5互換性】PS1、PS2、PS3、PS4ディスク対応ない?ダウンロード版についても紹介

Pocket

今回は『【PS5互換性】PS1、PS2、PS3、PS4ディスク対応ない?ダウンロード版についても紹介』というタイトルでお送りします。

PS5が発売され、徐々にPS5のソフトを実際にプレイする映像が出てき始めています。

PS5の互換性はみなさんも気になっていることでしょう。

PS1,PS2,PS3,PS4のディスクにどこまで互換性があるのか。

発表されている情報も含め考察していきます!

 

PS5互換性PS1234ディスク対応ない?

ソニーは、2019年5月21日『sony  IR Day 2019』でPS5に関しての詳細を発表しました。

この発表で、PS5は過去の機種との互換性を強く打ち出していました。

PS1、PS2、PS3、PS4どの機種との互換性があるのか気になりますね。

そこで調べた結果を紹介していこうと思います!

 

PS5互換性PS1ディスクは対応する?

PS1との互換性は今回もありませんでした。

PS1はドラクエ7など有名な作品が沢山あるので互換性があればすごく嬉しかったのですが、残念です。

実は発売する前から対応する可能性が全てのPSシリーズの中で一番低かったので、期待が薄かったのは間違いありません。

PS1のソフトを読み込むための装置を組み入れるとコストが高くなるそうで、現実的ではないという情報がありました。

PS1のソフトをしたかったら本体を中古で探すしかなさそうですね。

 

PS5互換性PS2ディスクは対応する?

PS2はPS1との互換性がありました。

PS2がプレイステーションで初めての互換性付き機種で、当時はすごく人気になりました。

PS1の名作を堪能しつつ、グラフィックが綺麗になったPS2のソフトを楽しめる本当にいい機種だったと今でも思います。

またPS2はDVDを視聴することができ、爆発的な人気となりました。

そんなPS2のソフトもPS5ではプレイ出来ないことが分かりました。

これもPS3の時に問題となったのが、読み込みのチップを無理矢理乗せてPS2のソフトを遊べるようにしましたが、コストが大幅にかかりSONYとしてはあまり良くなかったそうです。

 

PS5互換性PS3ディスクは対応する?

PS3は初期型だけPS1、PS2のソフトをプレイすることができます。

こちらの機種もやはり時間が経ってからも中古でよく取引されるほど人気でした。

初期型以外はPS3のソフトのみの対応となりました。

コストを抑えて安くPS3を買いやすくする狙いがありました。

2006年11月に発売され、2017年に生産終了した長く愛され続けた機種になります。

11年間で数多くのゲームソフトが開発されました。

ゲーム業界でPS3は据え置き型ゲーム機のトップとして活躍しその名を轟かせました。

フルハイビジョンに対応しブルーレイ再生の機能付きのゲーム機で、発売当時にはその映像があまりにも美しいと人々を驚かせました。

こちらの機種も互換性は無いとわかりました。

発売前は可能性が50%くらいあると言われていましたが残念です。

 

PS5互換性PS4ディスクは対応する?

PS5でのPS4ソフトの互換性は、発売前からほぼ100%と言っても過言じゃないくらいありました。

そして発売時に100%互換性があることが発表されました。

PS4は2014年春に発売し、世界各地で品切れになるほどの大人気でした。

また2016年10月にはPSVRも発売され、さらに人気となりました。

PS4は下位機種ソフトとの互換性はなく、PS3の時同様コストを考えての生産となりました。

今回のPS5、実はPS4と世代間でも一緒にゲームがプレイできるようになります。

いわゆるマルチプレイ(世代間マルチプレイ)が機能として組み込まれていることが表明されました。

今までより一層強力な互換性とも言えます!

 

PS5互換性PS1〜PS3のダウンロード版が発売される?

PS4を使用してPSネットワークよりダウンロードで購入したゲームソフトは、PS5でそのままダウンロードしてプレイできるようです。

しかし、それ以前のPSソフトはダウンロード版になく、またディスクの互換性も厳しい為プレイできないという声が多くあります。

そこで一部のユーザーが今までのPS1からPS3までのソフトがリメイク版としてディスク化、またはダウンロードコンテンツとして販売されるのでは無いかと期待を寄せています。

PS5はオンラインをつかってソフトをダウンロードすることができ、PSネットワークのアカウントを引き継いでPS4のゲームソフトを購入履歴からダウンロードすることが出来ます。

そして古い作品がPS4版でリメイクされ販売されることが最近多くなってきました。

このことからダウンロードコンテンツないしPSディスクでリメイク版を今後PS4、PS5対応ソフトとして普及していくのでは無いかと思います。

 

PS5互換性PS4のダウンロードしたものは引き継げる?

発売元のSONYは、ソフト引継ぎに関しての特許申請を「後方互換性のためのなりすましCPVID」で行っています。

PS4のダウンロードコンテンツをPS5でも引き継いで使用する為の特許と言えます。

後方互換とはPS5でPS4のソフトはプレイできるが、PS4でPS5のソフトはプレイできないという意味です。

しっかりと特許申請もしてユーザーが満足するような機種に仕上げてきたなと思いました。

また、光ディスクドライブをPS5は搭載するそうで、PS4の光ディスクがそのまま使用可能となりそうです。

PS4ユーザーを大切にしつつ、PS5ソフトも楽しんでもらいたいというSONYさんの想いが伝わってきます。

PS4もそこまで古くないので、まだまだ現役で動かしていたい想いもあるのかもしれません。

 

PS5で「DUALSHOCK 4」が使用不可?

PS5のゲームをする際に今までPS4で使用していた「DUALSHOCK 4」が使用できないそうです。

これはあくまでPS5専用のソフトをプレイするときのみらしく、後方互換でPS4のゲームをする際には使用できるそうです。

PS4を売って新しくPS5を購入する際、「DUALSHOCK 4」はそのまま持っていたほうが重宝することもあるかもしれません。

PS5専用のコントローラーは「DualSense」をはじめとした新しい技術や機能を最大限活かしたワイヤレスコントローラーらしく、互換性のあるコントローラーを受けつけないほど高スペックに仕上がっているそうです。

コントローラーも純正品は年々価格が高騰しているので、どんどん買い足すのがしんどくなっています。

PS5のコントローラーも新機能が盛り沢山な為、「DUALSHOCK 4」より高くなっています。

 

PS5互換性について発売前のTwitterの声は?

その他には

  • 予約できたら発売日にかうぞー!
  • 金貯めてあるんだが発売日に買うかどうしようかまよってる!
  • 自分では発売日には買わないけどps5で遊びたいときは兄から借りてやる。
  • ps5 発売日に買えるかどうか、予約はもちろんしているけど。
  • 初回の出荷台数は多くないので転売屋に買い占めされたら困るよねー!

などの声があり、PS5に期待が寄せられています。

 

まとめ

今回は『【PS5互換性】PS1、PS2、PS3、PS4ディスク対応ない?ダウンロード版についても紹介』というタイトルでお送りしました。

気になるPS5の互換性について詳しくご紹介しました!

PS1,PS2,PS3,PS4のディスク全てに互換する夢のような機種になったら嬉しかったのですが、今回も残念な結果となりました。

ダウンロードコンテンツの情報についても、発表されている情報から考察してまとめました。

皆様のお役に立てれば幸いです。

ご愛読いただきありがとうございました。