麒麟がくる小説漫画原作はなくオリジナル!脚本池端俊策作品も紹介

Pocket

今回は『麒麟がくる小説漫画原作はなくオリジナル!脚本池端俊策作品も紹介』というタイトルで書かせていただきました。

麒麟がくる今人気の大河ドラマです!

それは小説や漫画などはなく実はオリジナル作品なんです!

そんな作品を手掛けたのは脚本家『池端俊策』氏です。

池端俊策氏の他の作品も含めてご紹介したいと思います!

 

麒麟がくる小説漫画原作はなくオリジナル!

現在放送中の大河ドラマの『麒麟がくる』は脚本家「池端俊策」オリジナル作品です。

1991年には第29作目の大河ドラマ『太平記』の脚本を手がけています。

池端俊策

  • 日本放送作家協会会員
  • 日本脚本家連盟会員
  • 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム代表理事
  • 向田邦子賞選考委員 

であり、また受賞

  • 向田邦子賞
  • 芸術選奨文部大臣新人賞
  • 芸術選奨文部科学大臣賞

受章

  • 紫綬褒章
  • 旭日小綬章 

と本当に偉大な方です!

 

『麒麟がくる』物語の年代はいつ?

物語は、1540年代からスタートします。

若き明智光秀、織田信長、斎藤道三、今川義元、そして秀吉が、家康が、所狭しと駆け巡る…

そんな物語だそうです。

 

『麒麟がくる』放送中のTwitterの反応は?

 

麒麟がくるの脚本をした池端俊策氏の他の作品も紹介!

直近10年分ご紹介します。

  • 大仏開眼(2010年、NHK)
  • 悪女について(2012年、TBS)
  • 黒澤明ドラマスペシャル 野良犬(2013年、テレビ朝日)
  • 時計屋の娘(2013年、TBS)
  • 足尾から来た女(2014年、NHK)
  • おやじの背中 第8話「駄菓子」(2014年8月31日、TBS)
  • 松本清張〜坂道の家(2014年12月6日、テレビ朝日)
  • 経世済民の男 「鬼と呼ばれた男〜松永安左ェ門」(2015年、NHK)
  • 百合子さんの絵本 〜陸軍武官・小野寺夫婦の戦争〜(2016年7月30日、NHK総合)[9]
  • 夏目漱石の妻(2016年9月24日 – 10月15日、NHK総合)
  • 破獄(2017年4月12日、テレビ東京)

 

麒麟がくる脚本家池端俊策氏へのTwitterの声は!

どの方も池端俊策氏を尊敬していて、今回の麒麟がくるに期待を寄せているようですね!

そして放送されれば期待通りといったコメントが多く見受けられます。

 

麒麟がくるグッズ販売は?

現在はガイドブックしかないようですね。

グッズも今後出てくることでしょう!

 

まとめ

今回は『麒麟がくる小説漫画原作はなくオリジナル!脚本池端俊策作品も紹介』というタイトルで書かせていただきました。

麒麟がくるは小説や漫画などはなくオリジナル作品です。

そんな作品を手掛けたのは脚本家『池端俊策』氏についてもご紹介させていただきました。

池端俊策氏の直近10年分の作品も含めてご紹介しました。

高齢でありながら現役で活動されていて本当に尊敬します!

ご愛読いただきありがとうございました!